知りたい中小企業

大企業と中小企業の違い

大企業と中小企業違いっていったい何があるのでしょうか。

規定された規模の大きさがやはり大きな違いではあると思いますが、その他にも働く環境や働きやすさ、事由に出来る環境など、どちらでも働いたことがある人でないとなかなかわかるものでは無いですよね、また大企業にしてもその会社によって、社風も違っているでしょうし、古くからある会社の場合は、暗黙の了解みたいなルールが存在する所もあるようです。

これだと新しくその企業で働くという人にとっては、解りづらいルールですね。良い意味での暗黙の了解なら良いですが、変な事で気を使ってしまうのもいやですからね。

話は少し脱線してしまいましたが、ここで大企業と中小企業の違いを見てみましょう。

違い

ざっと調べて見ましたところ、中小企業と大企業ででは、まず人材の豊富さという点で大きな違いが見られるようです。やはり大企業の場合は、沢山の人材がいるでしょう、しかし中小企業の場合にはやはり大企業に比べると多くは無いと思います。しかしそれは、良いことでも悪いこととも一概には言うことはできません。

人材が多いと言うことはそれだけ事業内容の幅も広く展開する事が出来ますし、人が多い分分担して作業をすることが出来ます。しかしその分、その人材の層も厚いので昇進・昇格にも時間がかかってしまう傾向にあるようです。そして大企業は安定して長く勤務出来るということもありますし、給与も高く、毎年新入社員を募集していたり、その新入社員への研修制度なんかもしっかりとしている所が多いようです。

しかしその反面、大きな会社で支店が沢山ある場合などには、転勤が多い場合もありますし、社員の層の厚さから経営者までが遠く実際にどのような人なのかだったり、解らない事もあるでしょうし、自分の会社に対する影響力も小さいといった所でしょうか。

これに対して中小企業の場合には、大企業の逆の事が言えるのではないでしょうか、人材に関してだとやはり大企業に比べてその人の数は少なくなってしまうと思います。人材が大企業に比べて少ないということは、その分、事業の幅も狭くなってしまいますし、仕事が大きくなって行くにつれて個人にかかる負担が大きくなっていくということでもあります。

ですが働く人の層の厚さは、そこまで厚いということは無いと思うので、昇進・昇格の評価の対象になりやすいと思いますし、出世も早く出来る可能性は高くなるのでは無いかとおもいます。

また中小企業の場合には大企業のような安定した経営という面で保証が小さくなってしまうということもあるのでしょう。そして新入社員に対しての研修制度などが完璧に整っているという所も沢山あるかどうかわかりません。そして業種にもよるらしいのですが、給与も大企業に比べると高くはないようです、しかし中小企業は悪いことだらけではありません。従業員の層が大企業ほど厚くは無いということは、その会社に対しての影響力もおおきくなるので、もしかしたら自分の言ったことが会社に大きな影響を与えるかもしれませんし、やりがいのある大きな仕事をすぐに任せて貰えるかもしれません。

大企業と中小企業どちらがいいのか?

こういったことを考えて調べてみて思ったことは、どちらが良いとは一概には言えないなということです。

大企業の良い所と中小企業のマイナスと思う面が表裏一体だったりもしますしどっちが良い企業と言うよりも自分がしたいことにあっているのかを見た方が良いのかもしれません。社長との距離感も違っていましたね、もし働いているならこの距離感は結構重要なポイントなのかなと思いました。

やはり自分の働く会社のボスがどのような考えでこれからどういう風にしていくのかというのも気になりますしね。これは調べたほんの一部の情報でしかないですし、大企業と中小企業の良い所を全て持っている企業もあるかもしれません。プラスとマイナス面がどちらもあるというのが、調べた結果解ったことですね。

Favorite

医学部予備校 東京